形と力について。

最近、杖の稽古において、物理的な「力」を褒められることもあれば、難点と見られることもあります。

先生によって、また個々の技や形によっても、力というものは
基本的に技を凌駕はしない分、力量不足をどこかしら補う利点にはなるものです。

ただ、その「力」のみに頼りすぎて技術面の向上を怠る、ということでは欠点にもなり得ます。

私自身は、日々の地味なトレーニングで基礎代謝を上げ、純粋な物理力を身につけることを
どうしても否定はできないし、むしろ今後も奨励していくことでしょう。

なぜならば、どうしても小柄であったり、非力な者は
ある程度、フィジカル面を鍛えて自信をつけておかないと、一対一における恐怖心が拭えないからであります。

もともと基礎的な力があり、背も大きな方にはあまり実感できないかもしれませんが
たとえ持てる技能を駆使しても、自分より重い人を持ち上げたり、本気の打ちを受け流したりすることは
形の間は、大したことないフリをしてこなしていますが、実際は実に大変なことなのです。
単なる技能不足といわれれば、その通りなのですが・・・

技をかけられたとき、力の逃がし方を知らなければ
体格に関係なく、誰でも吹っ飛ばされたり、怪我をしてしまいます。

逆に、まったく力を使わずとも、技が利かせられれば、大きな相手を楽に放り投げることも可能です。
それが技術的な修練度によるわけですが・・・

それ以前に、自分より体格もスピードもある人たちに、木刀や杖で本気で打ちかかられるわけですから
我が身の保全と、事故的に不意討ちされたとき(汗)などの緊急対応においても
それに耐え凌ぐ程度の「力」というものは必要である、というのが私の持論であります。

しかし、「力」を鍛えておくことによる一番の利点は、メンタル面。
それなりの身体をつくっておくことで得られる「自信」によるところが大きいです。

無論、そんな力がなくとも、すべて技術で補うことができるような猛者であれば、こんな話は本末転倒です。
ところが、そんな歴代師範並の技量をもつ人など、一般レベルの武道家には、まず皆無でしょう。

確かに、形武道は「力より技」重視ですが、それが簡単にはできないからこそ
あらゆる総合的な力(物理力、機動力、瞬発力、精神力~等)で技能不足をフォローする必要があるし
それが、稽古時間に限りある一般人においては、現実的な修行方法ではないか・・・と私は思うのです。

むしろ、形において「力」は悪いものではなく、インパクトとしての使いどころを見極め
上手くコントロールすべきものであるかと。

そのような考えで、様々な条件から、技術でカバーできない場面での
力の使いどころ、というものを研究しております。

かなりミスってますが・・・恒例の室内抜き。

何度か撮りなおしたものの、かなり納得できない抜きになっておりますが・・・
せっかく、買ったばかりのスマフォで撮ったから後悔・・・いや、公開。

それで、なんとなく設定変えてみたら、撮影画面が小さくなってしまいました;;
次は通常サイズで撮ります。>汗

何故かサッカー日本代表の格好ですが・・・気にしてはいけません。
背番号は当然ながら、私の体幹トレーニング&ストレッチヨガ、食事面において
多大な影響を与えている、長友佑都選手の5番です。

戸山流二本目


戸山流六本目


今回の形はへっぽこなミスが目立ちますので、また何度か稽古後、撮り直したいと思います・・・。

刀カスタムの虜。

さて、私が普段愛用している居合刀はどちらでしょう?(注※両方、摸擬刀です。)
このうちどちらかは、メインの居合刀が故障したときの予備用で、ほとんど家で眠ってます;

Q>普段の稽古刀はどっち??

ヒント1>安い方。
ヒント2>初めて購入。
最終ヒント>長さは同じだが、約100g軽い。

では、二振り比べてお答えください、はい!

御刀その一「蒼櫻龍(そうおうりゅう)」
三本杉2017

自分の小さな手にも、しっくりハマる楕円形「肥後桜」の金具。
個人的に、金具の形状こそ、遣いやすい柄握りの生命線といえます。

↓錆防止に銀鍍金された鍔。図柄は煩悩を討ち払う?お決まりの独鈷剣。
銀燻し鍔2
頭桜肥後2017

↓目貫はメジャーな剣巻龍。別称 倶利伽羅剣。厚さがないため手の平にひっかからず、非常に柄が握りやすい。
目貫のデザイン選びも柄の握りやすさにおいて、とても重要。

振りやすい刀を求めるなら、サイズの長い、分厚い目貫は避けるのが無難・・・
柄を握ったとき、目貫が手の平や指に当たって気になる人は・・・素振りのたびに悶絶します。(滅)

不動明王(龍?)が宿っている炎の剣がこれでして
何気に鍔の独鈷剣(不動明王が持ってる剣)と揃えてあります。

目貫剣巻龍



御刀その弐「黒櫻龍(こくおうりゅう)」
大きめ三本杉

↓自分が龍年ということで選んだ透かし龍の目貫。
詳細はわかりませんが、なにやら目貫の向きが反対(逃げ目貫?)なのが疑われます。
龍の顔が刀身側に向いてないので~;でもまあ、気にしないことに。>爆
(実は剣巻龍より、ちょっとデカいので指に食い込みます;もう慣れましたが。)

目貫龍
透龍と独鈷剣に肥後桜唐草

↑こちらの鍔は、同じ独鈷剣でも真円ではなく、木瓜調。
私の場合、手が小さく、指も短いので、鯉口切る時この鍔は
意識しないと指が鍔の縁に届かず、結構~きついです。(もう、慣れましたが。)

鍔の厚みは4mm以上あった方が、親指を乗せやすいと思われ・・・
私は使う上では、寸法小さめで厚みのある鍔が好きです。


金具は、当然ながら肥後で桜唐草模様。銅製で色的に渋いです。
仕組は、若干ズレが見受けられ甘いですが・・・。

黒櫻龍の三本杉
刃紋三本杉黒ハバキ

ところで、この二振りの刀をみてもバレますが
私は関刀匠の三本杉以外の刃紋には、興味がないです。
>でも、真剣で自分の好きな刃紋を探すのは難しい・・・(他の条件や資金面など。)

市ヶ谷駐屯地で決起演説後、壮絶な切腹自決を果たしたことでも有名な
作家 三島由紀夫の愛刀が、この刃紋で有名な名刀「関の孫六」でありました。
自決直前、バルコニーでの演説中と介錯のとき、孫六抜いてたみたいです。

そんな彼の憂国精神に、今なお、心打たれる私といたしましては
この独特な、尖り互の目で「三本杉」と呼ばれる
刃文への思い入れは格別なのであります。

蒼櫻龍の三本杉
三本杉20172

私はとにかく、三本杉最高にカッコいいと思うのですが
「民家が業火に焼かれる」が如き、この殺伐とした紋様が嫌いな人は嫌いらしい・・・(;;)
この所有二本を比べても、同じ三本杉とはいえ
すべてが職人の手書きによる一点ものであり、個々に個性がみられて
(摸擬刀と真剣では製作工程が全く異なりますが・・・)味わい深いものがある。

私の理想に近いのは、黒柄巻の大きめな尖り形をした三本杉である。
でも、もうちょっと尖りに不規則性が欲しかったところ・・・惜しい。

尖りの細かい互乱れは、さらにもうちょっと心電図の乱降下(謎)が激しいと良かったものの
尖りが小さいだけに、インパクト控えめな気がしていまいち。

この波形図が、持ち株が高値で安定したときの時系列データだったりすれば、魅力的なのですが・・・・。(苦笑)
それでも三本杉というだけで、充分、両方気に入ってはいます。あと一押し・・・。>謎

刀について語ると長すぎるため、今回はこの辺りで強制終了し
続きはまたの機会にいたします。>次があれば・・・;

「刀は地味で見えない部分にこそ、浪漫がある!」>以上。

連休とは稽古(以下略。)

夜勤明け早々、いきなり3日連日稽古という連休スタートです;
いや、今やらねば、いつやるのだ??

ちなみに連休の半分以上、稽古入れてる・・・>汗
今年の黄金週休は、知人(前職での筋トレ先輩>爆)と食事に行く他は
特に出かけないため、必然的に稽古ばかりになりますな。>多少虚しい・・・

実際、連休明けからは、さらなるハードワーク突入で、いつ稽古時間がとれなくなるかわからない。
本日ただいまが大事。いま、ここ、自分。という、仏教思想に基づき
いつ何が起きても(極端にいえば、明日死んだとしても)悔いが残らぬよう
稽古できるときは多少、無理をしてでも稽古しておくというのが、私の理念であります。

連休稽古初日は、久々に杖の「中段」を一から駆け足復習・・・
一本目「一刀」の出だしから、すっかり忘れている自分に幻滅(;;)
かつて、さんざん稽古したはずなんだけどなあ;
案外、すぐできなくなるものなのですね。>泣

それでも、お気に入りの形で、たびたび自主稽古していた
「真進」、「横切留」、「待車」、「後杖(後)」、「切懸」あたりは、先生からの注意も少なく
比較的スムーズにできてしまったあたり、稽古は正直であります。>倒
ただ、これらも自分の理想通りの形とするまでには、かなりの時間と労力を使いそうです。

かつて稽古した形だけに、動き出せば、次々と留意点を思い出しますが・・・
身体が思い通りにきっちり動かない時点で、やはり稽古不足を実感するのでありました;

現在、稽古日以外は、筋トレで体幹と下半身の筋力、柔軟性を強化中ですが
単にフィジカル面だけ鍛えまくっても意味がなく
形は、身体の機動力や瞬発力、心の精神力、経験による観察眼(勘)などが
欠けることなく合い重なって、ようやく、理想の動きができるような気がいたします。

あとは、ぎこちなさすぎる「乱合」の動作をどうにか改善したい・・・
未だに一挙動ずつ、次の行動を頭の中で確認しながら、考えて動いている状態。

まったく、気合が乗るはずもなく、こんな動きで「気を練る」やら「技を利かせる」など、到底先の話。
悩まずとも、相手をみることで自然と身体が反応する、ぐらいのレベルに仕上げたいところです。

今さら的な話題。

載せ忘れた過去ネタでありますが、今年、裁判所へ呼び出されたとき
通りがかった骨董品店?にて見かけた、怪しい展示刀・・・。↓
拵えは本身のようにも見えますが、観賞用か居合用なのか疑問・・・

真剣?

・・・とは言っても、刀剣鑑定においては全くの素人なので
あくまで先輩や先生の本身と見比べての適当な私見です;
それでも、手にとってみれば、大半は居合刀か真刀かの区別はつくようになりました。
単に居合刀のカタログをたくさん見てきたので、金具や鍔の形状でおよそ判断できるようになった感じです。

簡単に見分けるには、刀身をみれば刃紋の形状からして全然違うので、一目瞭然なのですが・・・
たとえ居合刀であっても、お金をかければ、真剣と似て非なる拵えにもできるので
鞘に納まった見た目だけで判断するのは、難しいかもしれません。

刀というと、とにかく重いイメージが先行しているようですが
某先生の刀は短くてとても軽いし、私でも楽に扱える上によく斬れる・・・そういう刀も数多く存在します。
刀はどれも一品物であり、技術や資金があれば、いくらでも自分好みにカスタムできるところは奥が深いです。

私は居合刀しか持ち合わせていませんが、購入時に重要視するのは
長さ、重さはもちろんですが、同じくらい重要だと考えるのは
縁頭の金具とそれによって決まる柄の形状です。

握りにくい柄では稽古にならないからで、そこは初心者のときはわからなかったので
結果、一振りは買い換えるはめになったわけですが;
その点は、また次の機会に紹介したいと思います。