FC2ブログ

理想の稽古

士道
03 /31 2019
今日の居合稽古は、非常~に運よく、N先生が指導に来ておられました。(支部道場が違うため、年に3回程度しか会えない先生。)

夜勤の宿命とはいえ、毎週末、居合の朝稽古のため早起きするのがとても辛く、今週は特に仕事がハードすぎたため、首を傷めてかなり痛かったものの、気合で起きたかいがありました。(>_<)

N先生のおかげで、稽古3回分ぐらいは修練できたと感じるほど、今回は実り多き稽古でした。

いつも自問自答しながら、半信半疑で自信なく抜いてるけど…指導者によって、こんなに面白いんだ、居合は(^_^)と、感心するほど、N先生は教え方というか、伝え方が上手い。
指摘事項がわかりやすいから、言われたとおりに動きやすく、悪い部分も修正しやすい。

N先生自身は強面で、稽古中は雑談もせず、とっつきづらい印象なので、教え方だけ親しみ深いのも不思議な話ですが;
私の中で、居合においては、もしかしたら一番好きな先生かもしれない…。

刀も道着も渋い色あいで、一切飾らず、そのまま江戸から出て来たような浪人風で(失礼)一貫して地味な姿にも、何やら目をひかれます。

私見で失礼ながら、刀勢や刃筋を見る限り、形ではさらに上と思われる先生も数居られます。
ただ、指導力という点では、文句なく一、二あたりを占めているに違いない…そんなN先生であります。

手慣れた形でも、意識できていなかった、知らずに思い込みで流していたようなことを、たくさん教えていただいて、かなり上達したような気になってしまう自分でありました;

知識として覚えたまま忘れていて、実際には生かせていなかった「居合腰」と「足捌き」。

普段、袴に隠れて表面には出ない…しかし、見る人が見れば熟練度がわかる、そんな大事な基礎の基礎に気がつかせてもらえたことに大変感謝しました。

これまで、形で正しい位置を斬れているか、体勢が崩れていないか、外観ばかりを気にしてしまい、身体運用の基本的な所作を曖昧にしていました。
今回は、足の向き、腰の入れ方、肩の高さなど、居合の武観と美観を兼ね備えた技を抜けるよう、あまり見られぬ細かい地味な部分にも留意していきたい、と思わせられる御指導でした。

秋の審査に向けて、稽古を尽くし、納得いく姿に仕上げていきます。

いきなりですが…
↓兼元の合わせ鞘(左)と本歌の鞘(右)

20190304033329f33.jpg


鯉口に対して、栗形の位置がかなり違います;
個人的に、抜刀時は鯉口部分に余裕のある合わせの方が、指を斬りにくい安心感があり… 納刀は本歌の方が、鞘を握れば自然と鯉口が隠れるので正しくやりやすい。
(私は鞘引きするとき、指から鯉口を出してしまう癖があるので;)

義治の解刀。(1月の作業)

未分類
03 /04 2019
長らく掲載し損ねてましたが
年明け早々、試斬刀の義治を分解してみましたです。

これが、私の人生初解体…ならぬ初解刀なのでした。

果たして柄が抜けるのか、そしてちゃんと元通りに戻せるのでしょうか~??

おそるおそる目釘を目釘抜きでつついて抜こう…としたが、ハンマーが小さくてやりにくい上、金属の目釘抜きを使うと、木製の目釘を傷めそうで嫌になったため、いきなり木槌で叩いてしまいました!(予備の目釘を上にあてて、ソフトにコツコツ…)

20190304033248696.jpg


どうにか生まれたままの姿に…
自分で刀の銘を確認すると、かなりテンション上がってしまいました;「東都住源義治作」(東京都住まいの源義治が作りました)刀屋さんの写真通り、本物の銘でした。(感動!)

2019030403330961d.jpg


分解してみると、柄やら鍔やら切羽やら、こんな感じです。
少し長くて綺麗な方が、今回、交換用に用意した新しい目釘です。分解するまで知りませんでしたが、鍔のガタつき防止のためにゴム切羽が挟んであって、ちょっと焦りました…;
鍔にも刀身に合わせたらしき加工跡があります。まあ難なく使えればそれでいいし、普段見えない部分は気にしない私です。

後ほど刀屋さんに聞いたところ、ゴム切羽は鍔の上下どちらに挟んでもよいとのことで、勘で上側に挟んだ私も一安心。(笑)

20190304033258708.jpg


普段手入れできない、ハバキの中の数カ月分の汚れを除去し、刀油も引いたら、せっせと復元作業に没頭。

20190304033235b33.jpg


このお茶目な獅子の目貫と唐草の縁頭がどちらも気に入ってしまったため、もっと細い柄で軽い刀がよかったが、なかなか手放せない予感…。(一応、限界まで柄は細く削ってもらってはありますが、それでも兼元に比べると若干、私には握りにくい、太めの柄です。元の金具がデカいから仕方ない。)

201903040332208b3.jpg


義治君の外装は、黒柄糸に黒鮫なので分かりにくいですが、赤丸の部分が目釘穴です。

20190304033205e24.jpg


20190304033147dc9.jpg


手探り作業30分程度で、なんとか復活。
意外にも元に戻すときより、初めにハバキから刀身を浮かせるまでが堅くて苦労しました…;
ハバキに専用の添え板を引っかけて木槌で叩かなければ、不器用な私に分解は無理でした;

ちょっと高かったが刀用の木槌買っといて本当によかった…(>_<)というか、分解作業で主役の予定だった目釘抜きほぼ使わなかった罠…(爆)

予備目釘と木槌さえあれば、目釘抜きいらんですなあ~。(我流だが;)

せっかくなので、ネットで大量購入した新しい目釘を、目釘穴に合わせてカッターで削っていき、古い目釘と入れ替えてあげました。

しかし、目釘一本でもこんなに解刀が面倒くさいとはっ…
二本目釘の兼元はどうなってしまうのやら…(+o+)

とりあえずいつぞやの長期休暇に兼元の初分解にも挑戦してみる予定です。

ただし、あまり頻繁に柄を外しまくると、柄木や目釘穴が傷むらしいので(゜Д゜)むやみやたらと分解しない方が良さげです。
慣れたら15分くらいで手入れできたらいいですね。

しかし、分解前後では刀に対する愛着が天地の差ですな(^_^;

とうとう、君のすべてを知ってしまったよ、みたいな…(怪)

いやはや、妄想癖は止まりそうにありませぬ。_| ̄|○

久々な演武

士道
02 /24 2019
本日はかつて私が通っていた剣道教室にて、杖と十手の演武会がありました。私が数年前、共に稽古で汗を流した、懐かしい剣道の先生方と、教室の子供たち、保護者の方々に古武道形を見ていただきました。

私と先生を含む、あらゆるご縁から実現した、番外の演武会でしたが、古武道、武術を一般の方に認知していただくことができ、自分たち演武者にとっても、多数の方に見てもらうことで、良い稽古となりました。
人前で形を披露する審査や演武になると、決まって手足が震えてくる私ですが、今回は意外にもすごく落ち着いていました。

十手の稽古不足を懸念してか、むしろ先生の方がソワソワしているのが分かるほど、私は平静を保っていました。数分でも形のひとり稽古は毎日しましたし、不安より懐かしさが先行していたのでしょうか(*_*)
いつもこういう精神状態で勝負時を過ごせたら、さぞかし楽なんだけどなあ(^_^;)などと悠長に考えておりました。
やはり、先生はあせっていたのか、十手の太刀が正座から抜き打ちで正面を斬るタイミングがいつもより早すぎで;若干戸惑ったものの…なんとか瞬時に足を踏みかえて対応できました。(形では予期せぬ場面に遭遇したとき、日頃鍛えた身体能力が問われます…)
お互い慎重になりすぎて、普段より間合いが遠めで、攻めが弱くはなりましたが、他は目立つミスもなく、自己評価としては、最後の水月打ちが全て狙い通りに決まったこともあり、80点ぐらいの出来でした。(緊張すると40~60点くらいの自己評価になるのですが…)

それゆえか、私の後に演武を控えていた別の先生からは、もうちょっと迫力を見せないと…とのお言葉をいただきまして、今、振り返ると納得するのでありました。

次は居合形の演武をやらせてもらえないだろうかと、密かに画策しております…(;^_^A

挑戦により、初心に還る。

未分類
02 /04 2019
1月末のこと。
兼ねてから興味があったジップラインに初搭乗~。

↓このワイヤーで吊るされて、空中を飛んでいくイベントです。
20190120ジップラインワイヤー

距離は100mと短かったものの、滑空一回100円と爆安!
お試し体験には、もってこいのイベントでした。
(今回は、待ち時間の長さとあまりの寒さに、体験一回で退散しましたが;;)

ジップライン専用の施設だと、数百mの体験ができますが、料金3000円以上かかります。

↓ジップラインスタート地点(準備がすごく大変です・・・T村の皆さんありがとう。)
20190120ジップラインスタート

温泉ジムで毎週の如く通っているT村の特別企画で
今後も毎年開催予定みたいなので、こういうの絶対好きそうなhyhさんとか(笑)近場で気になる方はGO!
人生初の宙釣り飛行・・・ワイヤーがしっかりしていて高さも5mほどだったので
思ったよりは全然怖くなくて面白かったです。

小学生以下のお子さんも、そのお母さんも怖がることなくフツーに飛んでました^^
ジップライン・・・おじさんが試乗している写真通り、通常は前方のレバーを持って滑空しますが~

ジップライン中

いよいよ自分の出番がきたとき、手前のレバーから手を離して飛んでも大丈夫か
スタッフの村人さんに尋ねたところ・・・

「じゃあ、後ろで吊ってみるか~。」

「えぇ~~~><;・・・では、せっかくなんで、バック吊りでお願いしますっ!(ちょっとビビりつつ)」

・・・という、展開になってしまい、すっかりテンションMAXになってしまった私。
足場から飛び出す瞬間、ちょっとした勇気が必要だったものの
空中ではこれでもか~!な、変体パフォーマンスを披露してしまい・・・
結果、中継にきていたケーブルTV局の方と公民館長さんから、体験後インタビューされてしまいました;;

あの変な飛び画像が、公開されてしまったら非常に恥ずかしいが・・・楽しかったです^^;
次は、もっと長い距離、高い場所を飛びたいので、ジップライン専用の施設に行ってみたいところです。


ごんぎつね文学講座
↑話かわって、昨日は居合稽古後、図書館主催の文学講座で
久しぶりに脳にしみいる講義(講師 大学准教授)を受けてまいりました。

題材は、結末がわかっているからこそ、いつ読んでも泣ける・・・新見南吉 著『ごんぎつね』
この作品は、学生時代から、ずっと思い入れ深い童話ですが
いつ読んでも、まさに「義」そのものを語りつくしており、非常に奥深く感動的な内容です。
不覚にも、私は講義の後半から、物語へ感情移入のあまり、涙がこらえきれなくなり・・・
久々の講義なので、講師に何かしらツッコミを入れる予定が、すっかり質問不能に陥りました。(><)

講師の先生は、ユーモアたっぷりかつ、わかりやすい説明で、大変有意義かつ楽しい学習となりました。
受講された方のほとんどが中高年の方でしたが、会場はほぼ満員。
年代を経ても変わらぬ皆さんの勉強熱心さに感心し、自分も将来はかくありたい、と感じました。

人に何かを教えんとするならば、まず自らが新たに、学ぶべし。
これからも「文武両道」を軸として、邁進していきたい所存であります。

↓今日も居合で使った兼元。
本当に良い刀で、見れば見るほどひきこまれ、惚れ惚れいたします。
今日の兼元

削りまくり。>汗;

士道
01 /14 2019
はい、何が削れるかというと、兼元の鞘です。>抜き差し下手だから!(泣)

刃がない居合刀と違い、真剣で抜刀、納刀を繰り返すと・・・
余程上手な方であっても、鞘の・・・特に鯉口まわりは、徐々に削れて消耗してまいります。

徐々に・・・とはいえ、私の鞘消耗速度が速すぎなのは言わずもがな、ですが・・・>がーん。
そもそも兼元は私の背丈に合わない、長い刀身だからしょうがないところではあります。(上手い方は別。)

それでも兼元が気に入ってて、素振りだけに留まらず、形でもこの刀を振りたくなるとはいえ・・・
この調子で自主稽古してると、いつ鞘割れするかわからないため
稽古前後は、慎重に鞘の状態をチェックし、不慮の怪我だけはしないよう気をつけています。

たとえ、今の鞘が破損しても、本歌の鞘(既製品でない、一点物の鞘)が予備としてあります。
・・・が、これは納期数ヶ月待ちの上撰職人による作で、価格も通常の二倍以上(>◆<)という
もはや別格の鞘なので、正直なところ使いたくないわけです;

本歌の鞘は、内部に胴板が入っており、鞘割れしても手は安全なので
本来、こちらを稽古で使うべきところではありますが・・・いかんせん、もったいないです。(いわゆる家宝。)

実際に鞘割れしたときは、資金節約のため、諸先輩や先生方に教わって
自作修理(諸工作)を試みようかと思いますが、不器用な私にできるでしょうか・・・(?へ?)
まあ、そこもまた居合道の修行であり、楽しみ(?)ではないかとも思います。

<器用な先輩の一例>
自作変わり塗り

オーソドックスな黒鞘を、朱色と黒角笛?の変わり塗りにしてしまった、Tさんの居合刀。
さらには、刀身をグラインダーか何かで研ぎあげて、居合刀にも関わらず藁を斬ってしまったらしい・・・>恐るべし。
※居合刀に固い物をぶつけると刀身を激しく傷めるので、修理工作できない方は絶対、真似してはいけません。

五島 鎧影

「義より上に道はあるなり。これを見付くる事 容易に成りがたし。」
(葉隠 聞書第一)