巻かれるの巻。

今回の稽古では、生涯初めて「鎖鎌」の分銅に太刀(木刀)を巻かれる・・・
という、貴重な体験をいたしました。

廣井先生、米田先生 両師範・・・と思われる鎖鎌の演武。
(偶然見つけましたが、今は亡き先生方の演武は貴重です・・・
目間ギリギリの攻めと、正確な技のキレと見切り、気迫がとんでもない;)

これまで、先生方の演武で何度か鎖鎌の形は拝見していましたが
実際、試しに一度自分の太刀を巻かれてみると・・・
竹刀による巻き上げや、杖による巻落(まきおとし)といった技を受けたときとはまた違う
なんとも不思議な違和感漂う、微妙な感覚でありました。

鎖鎌に太刀を巻かれた瞬間を、内なる声であらわすと・・・
「なんだこれ?よくわからんけど動けないし、なんかやばそう・・・」でしょうか??>爆

稽古用の鎖鎌には、切れない諸刃の鎌(材質不明)がついており
鎖の代用としての長い麻紐に、分銅がわりで丸めた布?(中身不明)が繋がっております。

先生のご指導では、太刀が正しい刃筋、角度で斬らないと
鎖鎌がちゃんと巻けない、とのこと。
今回は、上位の先生の稽古相手として、特別に一本目の所作だけを教わりましたが
改めて、稽古における太刀遣いの責任と錬度の重要性を感ずるのでした。

まだ杖を始めて数年に過ぎない私が、鎖鎌において先生の相手をしなければならないほど
日常的な稽古相手が不足している、という会の現状に悲観もいたしますが
できるときにできることをやっておかなければ、という思いを胸に
よりいっそう、稽古に励む一心であります。

以後の修行については、先生との相談にあたり、私自身の古伝稽古は「中段」で文字通り中断し(汗)
制定形の稽古をまずしっかりせよ、とのお達しを受けました。

私としても、これから数年かけて、じっくりと身体づくりをして
制定四段で「影」、五段以降で「五月雨」の古伝を伝授いただければ良いかな、と考えております。
唯一、先生の体調だけが懸念ではありますが・・・

古伝の中段では、制定杖の後半二本「乱合(らんあい)」と「乱留(みだれどめ)」における形の技術が応用できたので
初見で不慣れな序盤を乗り切れば、形そのものの流れは、かなり覚えが早かった気がします。
(長年稽古しない限り、上手くはできませんが;)

表~中段業を通して稽古すると、主に一直線上(正中線上)で動く形は、まあまあ得意だが
真ん中から横や後ろへ、頻繁に移動する形ではかなり苦戦する、という自分に気がつくのでした・・・。

また、古伝形を経験したことにより、制定杖には杖が屈んだ体勢になる形がひとつもない。
基本技である「体外打(たいはずしうち)」をつかう形も、また存在しない。
・・・こういった、腑に落ちない点も余計、気にかかってくるのでありました。

超個人的意見ですが、やはり基本に技があるわけですから
「体外打」が入る形を、制定杖道にも最低一本入れて欲しかった、と思います。
表の「鍔割」、「一礼」、「細道」などがそれにあたりますが、普及形として屈んだ姿勢がNGであれば
多少改変してでも、「細道」は何故採用しなかったのか・・・私には不思議でならないのです。

稽古は(以下略)

先週末は良い稽古ができました。
居合稽古では珍しく七段のN先生が来られたので
納刀のあらましを重点的に教えられ、適当にやっていた初期より
だいぶまともな納め方になってきました。

杖では、都合がついたK先生に、特別稽古をお願いし
古伝中段形の「真進(しんしん)」、「横切留(よこぎりどめ)」を
復習反復し、まったく動きについていけなかった前回の稽古と比べて
どうにか、なんとなく動きの流れをおぼえつつある感じになってきました。

特に「真進」は、教わった当初は「複雑で長い。こんなの一度に憶えきれない!」と思っていたものが
流れが見えてくると、意外と短く感じられたことなど、不思議に感じつつも
少しずつ、なれない形になじみつつあるのかと関心している次第です。
当たり前ですが、稽古すればするほど、結果があらわれてくるものです。

同じ形を稽古すればするほど、技に自信と気迫がのって、動きにもキレが出てきます。
実力ある先生と、全身全霊で真剣形を打ち合わせる。斬るべくして斬り、打つべきときを打つ。
それが何より、充実した稽古における、至福のひとときなのであります。

そのようなわけで、いきなりですが稽古三訓(勝手に命名・・・)
「稽古は自己責任である。」、「稽古は裏切らない。(正直である)」、「稽古は想像である。」
いや、まったくその通り!

↓自主トレで、いつもお世話になっている長友選手のトレーニング本。(また買ってしまった・・・)
現役サッカー選手~長友トレーナー。

長友選手に感謝と尊敬のあまり、とうとうJリーグカードまで購入^^;
日々の筋トレや稽古が、気分や体調によってモチベーションが上がらなかったり
結果が出なくて辛いときはこれを見て、乗り切るのだ!

今回の稽古で驚いたのは、仕事の多忙と腰痛であまり筋トレできていなかったにもかかわらず
(かわりに体幹トレは、毎日7分程度続けていました・・・)
K先生との相対稽古で、思った以上に身体が自在に動いてくれたことです。

いわば、個々の動きに対して、勝手に身体の軸がついてきて
ひとつひとつの打ちや攻めが、ブレることなく、しっかりと決められ
技に気合も乗っているのが、自分でわかりました。

そんな自己ベストな動きができたのは、筋トレを休んだ分
体幹を多めに鍛えたからに違いない!
・・・と感じてやまないのでした。

自身の運動能力や体型、あるいは腰痛、肩こりなどの関節痛(職業病)に悩んでいる方は
長友選手も絶えず実践し、結果を出し続けている、体幹トレーニングを是非、試してみてください。
これだけは断言できますが、体幹を鍛えることで、明らかに自分の杖道は変わりました。

無理な体勢で当たられても崩れにくくなり、形で厳しい姿勢になっても、踏ん張りが利きやすくなったことなどは
体格や性別で相手を問わない、形武道というものをやっていく上で
非常に大きな利点であり、武器であります。
また、メンタル面でも大きな支えとなります。

学生時代から決して現状に慢心せず、夢に向かう努力を怠らず
小さな身体で大きな結果を出し続ける長友選手。
私にとってはプロサッカー選手というより、ヨガと体幹の名トレーナーですが・・・;
きっと「キングカズ」と呼ばれる三浦選手同様、40代になっても
現役を続けてくれるんじゃないかと期待しつつ、応援しています。

不覚の行方。

今月1日は、地区の運動会でした。
(中距離ランナーなのに、毎年、短距離リレー要員にされている>苦)

稽古を口実に、めちゃくちゃスルーしたかったのですが・・・
一応、今年は組長ということで、顔見せ程度に参加してきました。
(公民館役員も、また回って来そうなので、様子見目的もあり・・・)

区民運動会は、毎年、参加メンバーが大体決まった人たちなので
早い時間に参加すると、人員不足から何種目もやらされます・・・>汗

今回の不覚は、現在の靴が比較的新しく、まだ足にあまりフィットしていなかったこと。
そして、初めて履いたポリエステル製の靴下が、靴の中でつるつるすべってしまい;
速く走ろうとすると、靴が脱げてしまいそうで
なんと、普段の半分以下の走りしかできなかったことです。>滅
(結果2人に抜かれる・・・>泣)

前年まで、1人も抜かれたことはなかっただけに、結構~落ち込むのでありました・・・
最初は適当に走るつもりが、いざ勝負がかかるとつい、燃えてしまうものですね;

替えがなかった靴は仕方ないにしても、何故この日に限って新しい靴下を履いてきたのか謎です。
ただ、ジョギングやウォーミングアップ中は、この靴も靴下も走るのにまったく影響がなく
短距離走でこれほど具合が悪いことに、本番まで気がつかなかったわけです・・・
マラソンランナー的走り方と、トラックレース的走り方には、大きな差があるということですね。>当たり前ですが;

使い慣れない新しい道具、武具も同じですが、勝負時にいきなり使うのはやめた方が無難でしょう。>改めて再確認。
リレーで追い越され、恥はかきましたが、良い勉強になりました。

例の如く、連休稽古の巻。

珍しく3時間も稽古してしまいましたが、好きな時間とは短く感じるものです。

K先生と仕打交替で相対稽古。
続いて杖の中段を仕打交替で、切懸(きりかけ)まで動作確認。>汗
その後、剣術を少々おさらい・・・という、豪華メニューでした。

左右対称の形こそ、杖の特色でありますが
普段、基本で動きなれた技でも、左右反対に変わっただけで
それなりの稽古なくしては、上手く動けなくなってしまいます。

古伝「中段」の序盤の形は、これまで習った形の基本が通用したので
稽古一日でも動きは大体理解でき、流れの覚えは早かったわけですが・・・
中盤の「待車(たいしゃ)」で、文字通りの「待った!」がかかりました^^;

待車では、斬りかかる太刀を正面からではなく、背面からとらえ
さらに半回転して相手(正面)に向き直ってから、体当する
(手足の位置が通常の体当と真逆・・・)という、特殊な動きが出てきます。

私は、この独特な足さばきを理解するまでに時間がかかり
太刀に背を向けて、左足を軸にする回転が特にうまくできず、結構苦労しました・・・;
表面上、動けるようになるまでに、稽古3日分かかってしまいました。

しかし、一度動きを理解して自分で納得できれば
何故、いままでできなかったのかが、むしろ不思議に感じるものです・・・。
新しい形を習うたび、先生からも「自然に動けば簡単にできる。難しく考えすぎるからいけない。」
ということを、よく苦言されていますが・・・。

今回の稽古では、太刀も経験することで、杖がやりたい動きが見えるようになり
杖で意義のわからない技は、太刀を持つことで理解度が全然違ってくる、ということを深く思わされました。

・・・ということは、やはり上位者が太刀でないと、あるべき形の姿へと
杖を導くことはできないわけで・・・
太刀持ちの責任。太刀錬度の重要性を感じるところでありました。

さて。稽古後、帰ってまもなくK先生から電話がかかり
「なにか事故か緊急事態でも起きたのか??」
と、かなり心配しましたが話の内容は
「鎖鎌も相手してくれ!!」という、今後のお願いでした・・・。>汗

さっきまで一緒にいたのに、何故そのとき言わないのか;と、少々あきれましたが
「思いつきで電話した」と聞いて、本当にあきれてしまい・・・
先生も稽古相手がいなくなる不安で、相当あせってるな・・・という印象でした。

K先生の気持ちは嬉しいし、やる気もあるけど
まず、会長先生の意向を聞かないことには、急いですべてを稽古しても仕方ないとも思うのです。

それに、私は鎖鎌よりは十手の形に興味があり、先に習うものを選ぶとすれば
今のところ、一角流十手術しか考えていません。
それに、鎖鎌は併伝武術の中でも敷居が高く、生半可な稽古では身につかないもの、と考えています。

修行内容について、会長先生からの意向があれば、それに従うのみですが・・・
私としては、古伝稽古も中段でひとまず中断し・・・(洒落にならん;)
十手術と杖の「影」、「五月雨」は、四段以上になってから・・・と考えていたので
鎖鎌の稽古を頼まれても、どうしたものかと悩ましいところです。

ただ、会長先生の体調や様子をみていると、それほどじっくり
稽古の時機を待つ時間がないことも、現実問題として存在します。

とりあえず、鎖鎌の稽古については会長と相談してから・・・ということで
K先生には納得していただきましたが、当方の所属会に今後
古伝の後継指導者がいなくなる・・・という現実問題を
直視していかざるを得ないことは、覚悟しておかねばなりません。

魔の刻を過ぎまして・・・

九月はじめ。
初段から三段まで十数名・・・なんとか全員合格しました。
戸山流居合道 昇段審査会。
2017年9月 戸山流 昇段審査

なんと審査開始時刻が、一時間近く遅れての開始。

集中力の復帰と士気の持ち直しに、十分な時間がとれぬまま始まってしまいました;

そして、な~んと開始線が審査員の先生方に向かって
「斜め」にひいてあるではないですか!(いまだかつて、誰も経験なし!)

私は当日まで、先生に対して正面を向く開始線で審査する、と聞いておりまして~
あえて、普段の稽古と違う方向から抜く稽古をわざわざ続けていたのです。
(正面から右の敵に向かって斬るのを、左を向いた状態から正面に向かって斬る等・・・)

それらが、このイレギュラー開始線によって、すべて無駄というか、仇(あだ)となってしまいました;
当然、周囲は緊張感の復活とともに、動揺の声で不穏な空気が流れだしました。

さらに礼法の点で注意があり、場外で礼をするのか、開始線の前で礼をするのか・・・
上座の礼と刀礼はどちらでするのか・・・説明が曖昧ではっきりしないまま
不安とどよめきの中で審査開始となりました。

「三段、Aさん!」

いつも杖道修行の仲間でもある号令係のMさんにより」
一番手の呼び出しがかかりました。

「あれ?高段から始まるということは、初段は最後なのか。良かった~。
これでゆっくり先輩の所作を確認できる。いや、ツイてるな~。」

と、少し安堵して審査模様を見ていました・・・が、次の声で状況が一変します。

「次、初段。~さん!」

「は!?」何故また初段に戻るのか!・・・いや、一番手じゃなかっただけましか。
初段で自分より若い人、二人もいたのか・・・意外だな~。
とりあえず、どこで礼するか見ておかないと・・・あれ?さっきの三段の人と違う位置で礼してるけど・・・>焦
えぇ~、一体どっちが正しいんだ~!?
あっというまに初段二人終って・・・もう自分の出番だし!
いかん・・・礼法の確認に夢中で、抜く方向がよく見れなかったよ!>汗

「礼は線の外でして・・・あと、抜く方向がいつも通りみたいだから。気をつけて。」

先輩からは、事前にあらゆることをささやかれましたが・・・
私の脳内は、興奮かつ混乱状態で、聞く耳が素通りしておりました。

これまでの稽古が滲みついてて、今さら抜く方向を変えるなんて無理だ!
ああ、どうしよう~。もう、どっちを向いて抜けばいいのか、さっぱりわからんぞ;
こうなったら、覚悟を決めるか!

そんな短時間の葛藤の末、私は堂々といつも通り、稽古してきた方向ですべて抜きました・・・。
斜めの演武線を正面として抜くと、形によっては先生方に背を向けてしまうことから
本当にこれでいいのか、即座に納得できなかったこともあっての選択でした。

審査後、先生からは「立つ方向が違うから注意するように。」と、無常にも釘を刺されました;

「うう・・・やはり、違っていたのか。」>倒

しかしながら、形そのものと礼法は問題なくスムーズにできていたので
(なんせ審査直前まで、刀の抜き差しと下緒結びの練習ばっかりやっていましたから~)
初段だから一部がよければ、他は大目に見るだろう。と、完全に開き直った上での審査内容でした。

むしろ、これまで稽古してきたことと違うことをするとボロがでて、形そのものを間違えかねない危険を冒すよりは
向きは違えど、理合正しく思い切り形を抜いた方が良かろう、との判断でした。

後で聞けば、三段ではじめに審査されたAさんは、諸事情で滞在時間がなかったため
特例で真っ先に審査してもらったのだそうです;
このAさん、小柄なのに形がとても豪快かつ基本に忠実で、体勢が崩れないのが非常に魅力的でした。
それも、重さ1200g以上はありそうな、樋(ひ)なしの豪刀(真剣)を遣っています。
(樋は刀身両面に彫られている溝のことで、デザイン性と重量軽減、刀の音鳴り、加工予算・・・に深く関与しています。)

樋(ひ)

普段、軽めの刀しか遣えない私としては、樋なしの刀が空気を重く切り裂く、控えめで渋い風斬り音がたまりません。
素振り用でもいいから、樋なしの居合刀欲しいな~と思わせるほどの、素晴らしい剣士でした。

Aさんは見た目は怖そうな人でしたが、気さくに話しかけてくれて、自分の刀をすすんで見せてくれたり・・・
形のアドバイスをしてくれたり、とても親切な方でした。(見た目で判断してはいけない;)

いくら場数を踏んでも、普段ありえないことをやってしまう魔の空間。
それが審査会というものです。

普段は難なく抜き差ししている先輩が、緊張からか刀がうまく帯に入らず
下緒を結ぶにも、いつもの倍以上時間がかかっていたり・・・
開始線に立った瞬間、形が頭から飛んでしまい、しばらく身動きできなかった先輩もおられました。
そんなことが当たり前に起こるのが、審査という独特な空間なのです。

剣道連盟の審査と比べると、今回は審査規律がゆるいので
個人的には、若干名、着装の乱れが気になりました。
(道衣下着のはみだし、胸のはだけ等・・・)

・・・とはいえ、自身も、これが全剣連の審査基準であれば
形の方向違いだけで不合格していても、おかしくありません。

故に、今回の合格は素直に喜べない部分もありますが
これからが初段の修行、と気を引き締めて稽古に励むことと致します。