FC2ブログ

熊さん武路愚 ■戒■

熊さんと鋼鉄古楽をこよなく愛する 元ゲーマー。 ときに、一剣士のよもやま話です。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

株式相場格言

作成者云々・・・

五島 鎧影

Author:五島 鎧影
「義より上に道はあるなり。これを見付くる事 容易に成りがたし。」
(葉隠 聞書第一)

本日の株価

つよさゲッター

五島 鎧影
壊社員
せいべつ中性
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX

我に勝つ!

連休中と今日の二回、里山へトレイルランニングに行ってきました。

⇩ここまで来るのに坂ロード20分かかります(^_^;)
登山口。
稽古場がまだ今月中は使えないため、来たるべきトレラン大会に向けた坂道練習(略して、坂Run)が、トレーニングの日課となっております。

⇩坂にも木あり。
(アドベンチャー⇨まだ余裕。)
倒木が。

たまたま近所に山があるので、本番の大会同様、片道2k程の坂ロードを走ってから山に入りますが、登山中に寄り道したり、小休止しても往復2時間半以内でクリアしています。
これは、私の走力だと計算通りのタイムです。(ロード含む1100m級の山で片道55分。同じく1300m級で片道75分)

⇩坂にも縄あり。
(アドベンチャー!⇨かなりハイ。)
縄張り

今のまま、中間の速さで完走できればそれでよい、とは思っているものの、もう少し持久力が欲しいとも考えています。

⇩「走れ!」と語りかける道。
まさにトレラン道。

何せ大会でも練習でも、初めのロード(なかなかの坂道。)で、どうしてもバテてしまうので、山に入るまでのスタミナを何とかしたい感じです。

⇩「走れ!」と語りかけてやまない道。
林道

それなりに坂道練習してるためか、入山してからは、結構踏ん張れるのですがっ……。

しかし、いくら山中で元気があっても、コースの大半は足場が悪く狭いため、追い越せる場所は限られているので、やはり初めのロードを頑張らないと順位は、ほぼ決まってしまうのでした(^_^;)

まあ、そこが普通のマラソンにない戦略を問われて面白いのですがね……油断すると転倒やら滑落の危険もある上、頂上にゴールできても下山の体力を考えて残しておかないといけない。
むしろ、行きの坂よりは足を使った帰りの下りがキツいという…。

故に無事、生きて街に戻ったときが本当のゴール。
それまでには、あらゆる障害を乗り越えねばならない。まさに試練…というか、もはや修業!(笑)

それがトレイルランの逆説的魅力というやつです。
持久力のなさからショート専門なのであまり偉いことも言えませぬが;;

⇩鎖を見つけて「ヒャッホー!」の図。
鎖場と我

ただ、自由なわりに制限も多いトレラン独特のストイックさは、武道の求道にも似ているから好きなのかもしれない。

⇩山頂近辺西側から。
(初回、あまりの景色の良さから、頂上と間違え、ここから下山;;)
西側山頂から

そんなこんなで、私の短距離トレイルは続いていくのであった……。

 | ホーム |