FC2ブログ

たまに自分のターン。

未分類
05 /04 2016
連休中、3日間稽古ありますが、その合間に・・・
劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS (2016)を、?年ぶりの映画館にて鑑賞。
(以下、感想なんぞどうでもいい&時間ない方は、もう一枚ページドロー>謎 でお願いします;)



開幕からスケールが大きすぎて、もう、ひたすら熱かった(実際、鑑賞中は気合と熱気!で汗びっしょりでした;)
とにかく演出が素晴らしく壮大で・・・序盤からクライマックスの嵐に引き込まれたと言いますか・・・
遊戯王観にきたのに、SF大作の別の映画見てるのかと、何度も不安になってしまったのが事実です。(笑)

相変わらず、どんな困難にあっても諦めることを知らず、己の信念を迷いなく突き進む
全力前進!の海馬社長からは、たくさん元気をもらいました。
原作では頼りなく気弱だった遊戯は、素直でやさしくかっこよく、理想の青年に成長していて、微笑ましかった。

懐かしい面々からは、忘れかけていた仲間たちとの絆。信じる心。夢と希望。
若い頃の情熱、といった宝物を思い出させてもらったというか・・・・・・最高のひとときでした。

原作を最後まで読んで、思い入れたキャラクターがいるからこそ、一聴ではわからないような
泣ける台詞もさりげなく散りばめられていて、スタッフも同じ愛情でファンの核心をついているな、と関心しました。

私は心理戦や精神論的な知略、戦略を要するゲームが好きで
遊戯王のカードバトルにおける、「手札を1枚捨て、トラップ発動!」やら
「ライフを2000払い、3体のモンスターを召還!」とか「破壊と再生の無限ループコンボ」とか・・・
そんな台詞に過剰反応して悶えます・・・。>謎

いや、それ以上に「遊戯王」という作品に私が魅かれるのは、カードゲームの要素に加えて
遊戯の肉体を「器」として復活した、古代エジプトの失われた王の記憶をはじめ
身につけた選ばれし者の精神を狂わせ、世界に破滅をもたらす邪神の意志が宿る千年アイテムなど・・・
一見、カードゲームとは無縁な、怪しいオカルトな世界観が背景にある影響が大きいと思われます。

さらに、個性的なキャラクター達が、戦いの中で悩み、つまづきながらも
困難を乗り越えて、成長していく姿に共感してやまないところです。

この作品は、敵味方問わず、主要キャラクターに二重人格者が多いのが見所?ですが
何といっても、もうひとりの遊戯・・・遊戯に宿ったエジプト王の魂、アテム王(闇遊戯)が
ゲームの腕は最強で人格的にも優れており、まだ未熟だった遊戯と互いの欠点や特技を補いつつ
悪やライバル達を倒していくストーリーが面白かったのです。

劇場版では、単に王の器だった本来の遊戯(いわゆる表遊戯)の成長が著しく
そうでなくとも、表遊戯は闇遊戯(アテム)に原作のラストでは完勝しているので
劇場版を見ていても、実力的にはとっくに社長を超えているのでは、と感じました。

それだけ、遊戯とアテム王、双方にとって、互いの存在は強く大きく、かけがえのない相棒だったわけです。
王を冥界に帰したときから、遊戯は王の意志を受け継ぎ、それを上回る力を得た、と考えるべきでしょう。

・・・にもかかわらず、社長は遊戯本体よりも、その遊戯に負けた、もうひとりの遊戯・・・アテム王と
再戦して勝つことに固執しています。(王の勝ち逃げを許せないだけかもですが・・・)

とはいえ、できることなら社長に自ら生み出した幻影などではなく、本物の闇遊戯と
もう一度カードバトルするところを、観たかった・・・というのが
劇場版で足りない、唯一望むところではありました。

そういえば、遊戯と社長の再戦も、途中から現れた巨悪との共闘モードになり
決着がつかないまま中断した予感がしましたが・・・;
もう一度よく観ないと、展開が速くて細かい部分は見逃してますな。

劇場版では、海馬社長の弟モクバもだいぶ凛々しく成長していましたが、まだまだかわいい弟です。
「兄サマ!」が「ニーソマン!」にしか聞こえないのがたまらなく素敵です。
それにしても、闇遊戯の腕があんなにマッチョだったか??ずっと気になっております;
ただでさえ声も表情もカッコよすぎてシビレる王なのに、さらに肉体美ともなれば、なお惚れてしまいますね;
もう二度と登場しない可能性高いのに、困りますな・・・>泣

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。以前鎧影様のブログを拝見していたものです。お懐かしく思います。
悪魔城シリーズの遺伝子を受け継ぐゲームが開発されているのは御存じですか?鎧影様が敬愛する山根ミチルさんも参加されているとの事でひっそりとお知らせいたします。

http://www.gamespark.jp/article/2015/05/12/56889.html

納得いきたい。

>通りすがりさん

何故に匿名かよくわかりませんが、情報ありがとうございます。
しかし、IGA氏のベタな演出が光る動画ですね・・・>苦笑
世界観的に音楽には期待大です。

五島 鎧影

「義より上に道はあるなり。これを見付くる事 容易に成りがたし。」
(葉隠 聞書第一)