FC2ブログ

『奇跡の医療』を先生の本棚から借りてみた

未分類
05 /08 2016
非常にオカルト臭いために、まず多くの方は信じないと思われるが
医者もお手上げな、あらゆる難病患者をも回復に導く超医療が存在する。

それが、『ごしんじょう療法』である。
私が現在通っている仙骨整体院では、ごしんじょう療法の考案者である貴峰道の貴田師から直接学んだ先生が、ごしんじょう療法を受付している。
県内で「ごしんじょう」ができる整体院はおそらくここだけであり、県外でも、貴田師のお弟子さんから
直接ごしんじょうが受けられる整体は、それほど存在しないだろう。

そう思うと、たった数秒で私の長年の腰痛を治してしまった「仙骨整体」同様、身近に「ごしんじょう」との縁があることは
薬で症状を抑えるだけで病理の根本的な治癒には至らない、西洋医学に疑問を持つ私にとって、運命に近い出会いと言えた。

身体に悪影響をおよぼす電磁波・・・「気」の力は確実に存在し、すべての病の原因たる「邪気」をとり除く事で
どんな病も自己治癒できる。
ごしんじょうの治療効用は、非常にシンプルでわかりやすいが、実際に体感してみないと誰も信じないであろう。

かくいう私も、仙骨治療や霊気の力で、実際に腰痛や、眠気、だるさを何度も改善できているが
医科学的実証がないために、体調がその場で良くなっても気のせいかと思うほどで、まだ半信半疑であったりする・・・。

以前、先生から「ごしんじょう」で頭をこすってもらったことがあるが、私は頭痛もちではないため、何の痛みも変化も感じなかった。
そこで現在は、座り仕事でどうしても元にもどる腰痛を治すため、仙骨治療のみ施術しているのだが
最近、仕事の影響で手荒れがひどく、とはいえステロイド剤を塗ることはなるべく避けたいため
今度は手にたいして「ごしんじょう」を試してみようかと考えているところなのである。

私は仙骨整体での経験から、ごしんじょうの力も信じているが、なぜ施術に迷うかというと
民間治療であるため料金が一回、6000円から10000円と高価であること。
がん患者も治癒してしまう療法ではあるが、日常生活に無理があると
一旦、完治後でも症状が再発してしまうこと・・・
(仙骨治療も同様で、無理な仕事が続く限りは定期に通わないと腰痛が再発する・・・)などの理由からである。

要するに、安価で一時的な効果しかなく、身体に副作用を及ぼす一般医療に頼るか。
高価でも身体に悪影響が一切ない、自然療法にすがるか・・・という選択になる。
注目すべきは、これまでの生活の質を著しく落としてしまう抗がん剤ではなく
副作用のない「ごしんじょう療法」を受けた患者が皆、好きなことを楽しみながら苦しみなく生き抜いて
最後まで自分らしさを全うしている・・・という現実である。
川島なお美さんも、「ごしんじょう療法」で最期まで女優人生を輝いて逝ったことからも納得できる。

ごしんじょう療法は、医学的な解明こそできないものの、医師もデータ上は認めざるを得ない
治療効果が確認できていることから、信じるかどうかは別として、確実に存在する治療法なのだ。

医療ではどうにもならない症状に遭遇したとき、薬漬けにされて医者に殺されるか
ごしんじょうの可能性で自己治癒力を信じるか・・・それは自分次第である。

コメント

非公開コメント

五島 鎧影

「義より上に道はあるなり。これを見付くる事 容易に成りがたし。」
(葉隠 聞書第一)