FC2ブログ

トレーニングはシンプルである。

未分類
08 /17 2016
趣味筋トレを自称している私は、これまでありとあらゆる筋トレ&ストレッチ本をかき集めてきました・・・;
ブームが過ぎた後も、ビリーズブートキャンプをメニュー別に週3回は、かかさず続けています。

これまで、ジムや運動講座に通ってきた傍ら、様々なトレーニングフォームを学び、実践してきたのですが
その中でも、今回紹介する二冊を、現時点での最強筋トレ本として
トレーニング初心者~中級者に推奨したいと思います。

長友体幹
筋トレこれだけあれば十分の一冊目。
ヘルニアの腰痛に悩まされ、一時は選手生命も危ぶまれたサッカーの長友選手が
トレーナー木場克己氏の監修により、怪我に負けない身体を内側から鍛え上げた、体幹トレーニングの解説本です。

木場トレーナー自身が出している体幹トレ本も素晴らしい内容ですが
長友体幹トレーニング本の利点は、木場氏の本をさらに厳選したトレーニングであるため
内容がシンプル、かつ必要最低限の知識がトレーニング20種に凝縮されているため
時間がない人でも続けやすいことにあります。

さらにはストレッチも数種類載っていて、それも私がストレッチ本を山ほど買った中で
今でも続けているものばかりが載っており・・・つまり、これ一冊でストレッチ、体幹トレに関しては
情報が十分である、というわけです。

全身を偏りなく鍛えたい人。狙った筋肉を強化したいけど、トレーニング方法がわからない人。
やってるつもりだけどフォームが違うかもしれず不安な人・・・などには、文句ない名著です。

20種とはいえ、部位によっては2~3種類の方法が重複しているので
鍛えたい部位ごとに得意なトレーニングだけをやれば、トレーニング科目は半分ぐらいになりそうです。
体幹トレの基本はフロント、サイド、バックなので・・・それだけに絞るなら3種で済みます。>爆

筋トレ=体幹トレになっている内容も含んでおり、考え方によっては筋トレと体幹を
これ一冊で済ませるのもありだと思います。
それぐらい良くまとまった本です。
トレーニングの負荷が自重のみで、ボールやダンベルなどの器具を、一切使わないところも
他の本とは違う、お得感とこだわりをみせています。

フロントブリッジは腕立て伏せがわりだし、クランチは筋トレと変わらない腹筋。
バックブリッジは背筋に良く効きます。
しかも内容が厚いのに価格は安い!(DVD付1000円+税)

筋トレこれだけあれば十分の二冊目。
(1300円とちょっと高いがDVD付くし、一生もの・・・)
吉川メソッド
ボディーデザイナー吉川トレーナーの王道筋トレ本です。
つい最近、入手したものですが・・・目を通したところ、想像よりシンプルかつ実用的なトレーニング内容で
ダンベル欲しい病にかかりました。>爆

わざわざジムのマシンで鉄の重りを「ぬお~!」と持ち上げなくても、この本とダンベル二個あれば
ジムと同じような負荷でトレーニングできます。

種目ごとに、狙った筋肉に効かせるための適切なポジション取りと
フォームで失敗しやすい点が、わかりやすく説明されています。

この本の素晴らしさは、筋トレ愛好家が陥りやすい
やってるつもりが間違っている、故障につながるような筋トレを正してくれるところです。
初心者にとっても、最初のフォームが肝心というところでおすすめです。

私的に、見慣れたトレーニングの正しいフォームについて
改めて確認と見直しができて、大変ありがたかったです

しかし、どの本を読んでも、基本のプッシュアップ(上腕)、クランチ(腹筋)、スクワット(足腰)が
筋トレ三種の神技であり、これらのアレンジ技がページの大半を占めています。
言ってしまえば、この三種目だけで大きな筋肉だけは鍛えられます。非常にシンプルです。

吉川本では効果がある部位を、筋肉図入りで紹介されているため
トレーニング部位を意識しやすいことから、モチベーションが上がります。

トレーニングメニューの器具については、ダンベルのみ使用していますが
家にダンベルがなくても、自重でできるトレーニングも多数掲載されており
それだけでも十分な価値を感じられます。

・・・が、この本が気に入った方は、ダンベル欲しくなる病にかかってしまうものと思われます;

最後に欠陥を申し上げれば、ストレッチについては一切解説がないこと。
そして、食事法の解説に疑問あり・・・というところです。

私がこれまで多く読んできたのは、糖分(炭水化物)よりも
主に脂肪の摂取を抑える、石井直方先生の筋トレ食事法でした。

ところが、石川トレーナーは、エネルギー不足で身体に負担がかかる、糖質制限を推奨されています。
私はこの食事法についてだけは、これまでの知識と比べても極端すぎることから抵抗を感じました・・・
糖質制限のかわりにカロリーや脂肪摂取は気にしない・・・という、極論そのものに疑問を感じます。

食事法はいろいろで賛否両論ありますが、この糖質制限についてだけは
初心者にまったくおすすめできません。

まずはゆるやかな脂質制限(糖質も必要以上はセーブ)から始めて
さらにレベルアップというところで、本格的な糖質制限にチャレンジするのがいいと思います。

コメント

非公開コメント

長友氏の本を三日坊主のまま放置してました。
そんな名著だったとは!
今夜、家の本棚から引っ張り出します。

ビリーズブートキャンプを週3に、これだけのトレーニングってどれだけマッチョなんですか五島さん><
食事制限はよく分からぬままとりあえず細々と続けてます。。。

対 腰痛の尻トレ。

>かんたろさん

サッカー見ないのに、選手の本は数冊持っています^^;
日々のトレーニング、メンタルなど、自己管理や調整方法について
参考になる部分が多く、稽古に悩んだり落ち込んだとき読むと効果的です。

ちょうど、長友選手の自伝も読んでいましたが
彼は文章表現よりも、トレーニング解説でこそ本領発揮できる人です。

長友体幹トレで確かに腰痛は改善するし、武術においては不安定な姿勢でも崩れにくくなります。

私はトレーニングしてますが、間食もするので残念ながらマッチョではないです;
中年腹がなかなか凹みません(><)

五島 鎧影

「義より上に道はあるなり。これを見付くる事 容易に成りがたし。」
(葉隠 聞書第一)