FC2ブログ

流れに流れてみる。

未分類
03 /26 2017
今月の健康診断で、去年より体重2kg、ウェスト3cm縮んでました。
(ウェストは、なんと三回も計りなおしされました;)

自分でも半信半疑ながら、毎週、温泉プールに通い続けております。

食事は、炭水化物(主食)をほぼ一食に減らしているので、その効果もあったのかもしれません。
ただ、その分、間食(ナッツや菓子類)を多めに摂っているので、食事で痩せたとは思えません。
結果だけ見ると、自分に関しては、糖質制限はパンとご飯を控えれば十分なようです。

ケトン体質を目指すなら、もっと本格的に糖質制限した方がいいようにも思いますが
そうすると、一般的な健康数値を割ってしまうであろうことと
夜勤という仕事上、間食抜きはストレスがかかって厳しいため、あきらめております。

医学博士である甲田先生の本では、食後12~14時間あける、朝食抜きの一日二食法を推進していました。
これは体調が悪いとき、かなり効果がありましたので、興味がある方には是非おすすめしたいです。

これまでも、5~10Kランと15~30分の筋トレだけでは、体型は現状維持しかできませんでした。
たった1Hの水泳だけで、毎回どれだけカロリー消費しているのやら;脅威の事実です。

本当は、ジムで半日くらいかけてマシントレーニングやら、トレッドランもやりたいのですが・・・
「残業&休出でそんな暇はない>短時間で効果大>関節的な負担が少ない>適度な疲労感=水泳」
~という構図に、最近のライフスタイルが見事ハマっているわけであります。

常連ジムのプールでは、何故かやたら「背泳ぎ」が流行ってきました。
自分は仰向けで浮いたまま、ゆっくりバタ足でバックするまではできるのですが
そのまま泳ごうと腕を回すとバランスが崩れ、鼻から吸水してしまいます;

相変わらず、平泳ぎでしか50m以上泳げないので、きれいなクロールで何往復もする先輩(高年の方が9割です)
が非常にうらやましく、とうとうクロールの参考書まで入手して練習しております。
その中で、息継ぎのときにバランスを崩さず、ストリームライン(いわゆるきれいな直線フォーム)を
いかにキープするかが重要、と理解しました。

息継ぎすると、頭が出る影響で身体が沈むので、以後のリカバリーが下手だと
もろに水抵抗を受けて、苦しい泳ぎになってしまいます。

自然体で水の流れに身を任せ、速く美しく水中を進むためには
やはり、それなりの工夫と練習が必要なようです。

コメント

非公開コメント

五島 鎧影

「義より上に道はあるなり。これを見付くる事 容易に成りがたし。」
(葉隠 聞書第一)