FC2ブログ

白紺。

未分類
05 /06 2017
連休三連稽古2日目。
半ば覚悟していたものの、先生方と独占稽古・・・ということは。

久々に、一挙動ごとに注意を受ける~の巻でした;

しかし、さすがは指導者素質も高い先生。
お叱りが多い分、しっかり随所ごとにお褒めのフォローも入れてくれるので
稽古後、落ち込んだまま終らずに済んでいます。
次は同じことを絶対、注意されないように上手くやるぞ!
~という前向き気分で、次の稽古が待ち遠しくなるのです。

基本稽古も、お相手が先生だと見えない気迫に押されて、いつも通りの動きが出来ません。
すぐ隣では、違う先生が技を見ているので、審査と似た緊張感に追い込まれます。
指摘されたことを意識すればするほど、身体が固くなって、打てるものも当たらなくなってしまいます。

こうした個人指導稽古では、講習会などの集団稽古のときとは異なる
大収穫があるのも事実で、細かい教示にひとり耐えるのは厳しいながらも
稽古後の目標意識は、俄然高くなります。

「紺か、白か。う~ん、どっちか。晴れたら白かな?」

その後、私は明日の稽古で着ていく道着の色で迷っていました。
本日の稽古を機に、失敗してもいいから、ちょっと打ち方を変えてみよう、と思う基本動作がいくつかあり・・・
それを心置きなく試すために、気分転換が必要だと考えたのです。

やっぱり白じゃないと気合入らないし・・・いや、これまでの自分とは違う感を出すために、珍しく紺でいくか。
はたから見るとアホくさいですが、悩んで3回くらい荷物を入れ替え;
結局、稽古に夢中で本来の目的を忘れ
いつもと同じ打ち方をしないよう、紺一式でいくことに決めたのでした。

「あれ、なんで今日、自分は紺なんだろう?ああ、打ち方変えてみるんだった。
これで不調だったら、道着のせいにしとこう。」みたいな逃げ道を確保・・・。>爆

袴はともかく、私が道着を紺にするのは、年に2~3回あるかないかなので・・・
毎回のことながら、明日はおそらく、別人と間違われるか
どうしたの?と、つっこまれることでしょう・・・

コメント

非公開コメント

No title

見てみた~い
紺も良いと思いますよ((+_+)) 

定番です。

>hikaさん

全く関係ありませんが、まもなくGW中の全剣連審査で
同県から二名も杖道八段に合格したことを知り・・・
(両名とも、地元講習会で面識ある先生です;)
稽古前なのに眠れなくなって困りました;

それでもまだ、実力も人格も一番だと思うのは
たとえ七段に合格できなくても、私の先生なんです。

紺道着ですが、自分は似合わないし、見た目に暑くて大変でした;
というわけで、非公開ですみません・・・;

五島 鎧影

「義より上に道はあるなり。これを見付くる事 容易に成りがたし。」
(葉隠 聞書第一)