今さら的な話題。

載せ忘れた過去ネタでありますが、今年、裁判所へ呼び出されたとき
通りがかった骨董品店?にて見かけた、怪しい展示刀・・・。↓
拵えは本身のようにも見えますが、観賞用か居合用なのか疑問・・・

真剣?

・・・とは言っても、刀剣鑑定においては全くの素人なので
あくまで先輩や先生の本身と見比べての適当な私見です;
それでも、手にとってみれば、大半は居合刀か真刀かの区別はつくようになりました。
単に居合刀のカタログをたくさん見てきたので、金具や鍔の形状でおよそ判断できるようになった感じです。

簡単に見分けるには、刀身をみれば刃紋の形状からして全然違うので、一目瞭然なのですが・・・
たとえ居合刀であっても、お金をかければ、真剣と似て非なる拵えにもできるので
鞘に納まった見た目だけで判断するのは、難しいかもしれません。

刀というと、とにかく重いイメージが先行しているようですが
某先生の刀は短くてとても軽いし、私でも楽に扱える上によく斬れる・・・そういう刀も数多く存在します。
刀はどれも一品物であり、技術や資金があれば、いくらでも自分好みにカスタムできるところは奥が深いです。

私は居合刀しか持ち合わせていませんが、購入時に重要視するのは
長さ、重さはもちろんですが、同じくらい重要だと考えるのは
縁頭の金具とそれによって決まる柄の形状です。

握りにくい柄では稽古にならないからで、そこは初心者のときはわからなかったので
結果、一振りは買い換えるはめになったわけですが;
その点は、また次の機会に紹介したいと思います。

コメント

No title

日本刀の選び方。
長さ、重さ 縁頭の金具 柄の形状...
握りにくい柄では稽古にならない
なるほどー 興味深い
参考になりますね。

本来、剣道も刀の道。
竹刀だけの修行では、まだまだなのであります。
金はないけど
自分も、刀買うべきでしょうね~


スマフォ返信に二度失敗>汗

>hikaさん
>初めて居合刀買うときは、絶対先輩に相談した方がいいです^^;
出来れば可能な限り、いろんな人の刀を持たせてもらうのが一番です。
竹刀と違って大量生産、消費できるものではないので
いざ振ってみて違和感感じると、精神的にこたえます・・・(><)

私の場合、金具だけ適当に選んだ最初の刀が、運よく最良の金具でした。
当時は、金具が柄の形状にかなり影響することを知らなかったんですね;
長さ、重さと同じくらい、金具の大きさ、形は特に重要なのです。

コメントの投稿