刀カスタムの虜。

さて、私が普段愛用している居合刀はどちらでしょう?(注※両方、摸擬刀です。)
このうちどちらかは、メインの居合刀が故障したときの予備用で、ほとんど家で眠ってます;

Q>普段の稽古刀はどっち??

ヒント1>安い方。
ヒント2>初めて購入。
最終ヒント>長さは同じだが、約100g軽い。

では、二振り比べてお答えください、はい!

御刀その一「蒼櫻龍(そうおうりゅう)」
三本杉2017

自分の小さな手にも、しっくりハマる楕円形「肥後桜」の金具。
個人的に、金具の形状こそ、遣いやすい柄握りの生命線といえます。

↓錆防止に銀鍍金された鍔。図柄は煩悩を討ち払う?お決まりの独鈷剣。
銀燻し鍔2
頭桜肥後2017

↓目貫はメジャーな剣巻龍。別称 倶利伽羅剣。厚さがないため手の平にひっかからず、非常に柄が握りやすい。
目貫のデザイン選びも柄の握りやすさにおいて、とても重要。

振りやすい刀を求めるなら、サイズの長い、分厚い目貫は避けるのが無難・・・
柄を握ったとき、目貫が手の平や指に当たって気になる人は・・・素振りのたびに悶絶します。(滅)

不動明王(龍?)が宿っている炎の剣がこれでして
何気に鍔の独鈷剣(不動明王が持ってる剣)と揃えてあります。

目貫剣巻龍



御刀その弐「黒櫻龍(こくおうりゅう)」
大きめ三本杉

↓自分が龍年ということで選んだ透かし龍の目貫。
詳細はわかりませんが、なにやら目貫の向きが反対(逃げ目貫?)なのが疑われます。
龍の顔が刀身側に向いてないので~;でもまあ、気にしないことに。>爆
(実は剣巻龍より、ちょっとデカいので指に食い込みます;もう慣れましたが。)

目貫龍
透龍と独鈷剣に肥後桜唐草

↑こちらの鍔は、同じ独鈷剣でも真円ではなく、木瓜調。
私の場合、手が小さく、指も短いので、鯉口切る時この鍔は
意識しないと指が鍔の縁に届かず、結構~きついです。(もう、慣れましたが。)

鍔の厚みは4mm以上あった方が、親指を乗せやすいと思われ・・・
私は使う上では、寸法小さめで厚みのある鍔が好きです。


金具は、当然ながら肥後で桜唐草模様。銅製で色的に渋いです。
仕組は、若干ズレが見受けられ甘いですが・・・。

黒櫻龍の三本杉
刃紋三本杉黒ハバキ

ところで、この二振りの刀をみてもバレますが
私は関刀匠の三本杉以外の刃紋には、興味がないです。
>でも、真剣で自分の好きな刃紋を探すのは難しい・・・(他の条件や資金面など。)

市ヶ谷駐屯地で決起演説後、壮絶な切腹自決を果たしたことでも有名な
作家 三島由紀夫の愛刀が、この刃紋で有名な名刀「関の孫六」でありました。
自決直前、バルコニーでの演説中と介錯のとき、孫六抜いてたみたいです。

そんな彼の憂国精神に、今なお、心打たれる私といたしましては
この独特な、尖り互の目で「三本杉」と呼ばれる
刃文への思い入れは格別なのであります。

蒼櫻龍の三本杉
三本杉20172

私はとにかく、三本杉最高にカッコいいと思うのですが
「民家が業火に焼かれる」が如き、この殺伐とした紋様が嫌いな人は嫌いらしい・・・(;;)
この所有二本を比べても、同じ三本杉とはいえ
すべてが職人の手書きによる一点ものであり、個々に個性がみられて
(摸擬刀と真剣では製作工程が全く異なりますが・・・)味わい深いものがある。

私の理想に近いのは、黒柄巻の大きめな尖り形をした三本杉である。
でも、もうちょっと尖りに不規則性が欲しかったところ・・・惜しい。

尖りの細かい互乱れは、さらにもうちょっと心電図の乱降下(謎)が激しいと良かったものの
尖りが小さいだけに、インパクト控えめな気がしていまいち。

この波形図が、持ち株が高値で安定したときの時系列データだったりすれば、魅力的なのですが・・・・。(苦笑)
それでも三本杉というだけで、充分、両方気に入ってはいます。あと一押し・・・。>謎

刀について語ると長すぎるため、今回はこの辺りで強制終了し
続きはまたの機会にいたします。>次があれば・・・;

「刀は地味で見えない部分にこそ、浪漫がある!」>以上。

コメント

関の孫六

「関の孫六 」って三島由紀夫の愛刀とは知らなかった~。
この波紋が三本杉ですね。勉強になります。
カッコイイなぁ~。

刀ほど美しい武器はない。

>hikaさん

三島事件は、憲法改正が現実味を帯びてきた今でこそ
世論の理解も深まりましたが、当時は心ない有識者から
狂気の沙汰として扱われ、あらぬ誤解やバッシングが相当ひどいものでした。

昭和以降、日本刀にまつわる大事件で
あの惨劇を上回るものは、もはや二度と起きないかと。
介錯の難しさも伝えられた貴重な事件でしたが・・・

北と何かあれば、わかりませんが、できることなら
国防で、刀を抜かずに済む世の中でありたいところです。

No title

模擬刀でこんなに綺麗な波紋がでているものあるんですね
私の刀はつんつるてんですよ
それでも愛着はありますが^^

刃紋

>かんたろさん

私の先生は、真剣を自分で研いでしまっているので
九割以上の刃紋が消えてしまっています;
初めて見た時は驚きましたが・・・

真剣も摸擬刀も刃紋の有無や形状は、刀の機能性には関係なく
完全に趣味の世界なので、こだわらなければ無くても構わないものと思います。


コメントの投稿