FC2ブログ

今日から二段。

士道
09 /09 2018
杖の合同稽古会の翌日、居合の昇段審査兼講習会
~という、ハードすぎな週がようやく終わりました(><)
気力、体力ともに、だいぶ使い込みました;;

本日、せっかく昇段したので、記念に審査で抜いた形をあげてみました。
今回は、形の前に礼法の所作からやっております。
刀礼や下緒の処理など、流派による違いを比べると面白いです。
今日、納刀方法について指導があり、少し納め方を変えたので、動きがぎこちないです;
あと、カメラの充電がピンチだったので、あまりにも早く抜きすぎです。ご了承ください・・・


一応、戸山流の納刀方法は横でも縦でもなく、斜めと言われています・・・刃が鞘に当たって難しい;;

合格はしたものの、二段は通過点に過ぎず
はじめから私の目標は、真剣使用での形と試斬が課せられる、五段以上を取得すること。
まだ奥居合さえ習っていないため、修行は始まったばかりです。

前週に、範士の審査用講習を受けておいたこともあり
毎度、緊張はしてしまうものの、今年の審査は
礼法から始まって八割以上、自分的にはうまく抜けました。

先生からも現時点で、形の方向性に間違いはない、と
ありがたいお言葉をいただきました。
これも、各先生方の熱心なご指導のおかげであります。

とにかく、教わっている先生に恥をかかせてはならない、との思いで
毎日10分程度ですが、審査当日まで、講習会での注意点を繰り返し稽古していました。
ただ、審査後の講習会では、また多くの課題に気がつかされ・・・
改めて基本の研究と練りなおしを考えております。

幸い、修行期間の長い全剣連の居合とは異なり
戸山流の場合、三段までは毎年(!)審査が受けられます。

来週は早速、試斬稽古ができるようなので、間合いと刃筋を意識して
少しでもきれいに斬れるよう、研究したい所存であります。

コメント

非公開コメント

No title

居合道 二段合格 おめでとうございます!

ビデオ 拝見いたしました。

刀の振り方 イイですねぇ~。
真っ二つに されますね。

自分が鬼道場に入門した頃、竹刀でのメンの打ち方を習いました。
お前の竹刀の振り方は、間違っている。
肘で打つのではなく、肩で打て!
真剣では 切れない。

その当時、刀なんて振ったことないし。。。
周りの剣道も、一般的には、肘をまげて打つ剣道。
それを注意されたことなんてなかった。

鎧影さんのビデオを見て再確認。
確信できました。

来週は早速、試斬稽古ですか
自分もやってみたいですねぇ~。

稽古は裏切らない。

>hikaさん
自分が周囲の反対を押し切って、連盟の剣道部から杖道部に飛び出した理由のひとつが全剣連三道の垣根を失くすことですから・・・

たとえ稽古はせずとも、少しでも剣道家の方が居合や杖に興味をもってくださると嬉しいです。

hikaさんがこちらに居られたら、いくらでも試斬稽古できるのですが^^;惜しい・・・
物が太いほど一刀両断するには、勘と度胸が必要ですが
hikaさんの鬼の如き勢いの真っ向面なら、すぐ一発で斬れるようになりますよ。

私はまだまだ、斬るときの異様に近い間合と手首ではなく肩で斬る刀法の修正に苦労しております;

台風が過ぎてからまた、お互い、稽古頑張りましょう。

五島 鎧影

「義より上に道はあるなり。これを見付くる事 容易に成りがたし。」
(葉隠 聞書第一)