FC2ブログ

削りまくり。>汗;

士道
01 /14 2019
はい、何が削れるかというと、兼元の鞘です。>抜き差し下手だから!(泣)

刃がない居合刀と違い、真剣で抜刀、納刀を繰り返すと・・・
余程上手な方であっても、鞘の・・・特に鯉口まわりは、徐々に削れて消耗してまいります。

徐々に・・・とはいえ、私の鞘消耗速度が速すぎなのは言わずもがな、ですが・・・>がーん。
そもそも兼元は私の背丈に合わない、長い刀身だからしょうがないところではあります。(上手い方は別。)

それでも兼元が気に入ってて、素振りだけに留まらず、形でもこの刀を振りたくなるとはいえ・・・
この調子で自主稽古してると、いつ鞘割れするかわからないため
稽古前後は、慎重に鞘の状態をチェックし、不慮の怪我だけはしないよう気をつけています。

たとえ、今の鞘が破損しても、本歌の鞘(既製品でない、一点物の鞘)が予備としてあります。
・・・が、これは納期数ヶ月待ちの上撰職人による作で、価格も通常の二倍以上(>◆<)という
もはや別格の鞘なので、正直なところ使いたくないわけです;

本歌の鞘は、内部に胴板が入っており、鞘割れしても手は安全なので
本来、こちらを稽古で使うべきところではありますが・・・いかんせん、もったいないです。(いわゆる家宝。)

実際に鞘割れしたときは、資金節約のため、諸先輩や先生方に教わって
自作修理(諸工作)を試みようかと思いますが、不器用な私にできるでしょうか・・・(?へ?)
まあ、そこもまた居合道の修行であり、楽しみ(?)ではないかとも思います。

<器用な先輩の一例>
自作変わり塗り

オーソドックスな黒鞘を、朱色と黒角笛?の変わり塗りにしてしまった、Tさんの居合刀。
さらには、刀身をグラインダーか何かで研ぎあげて、居合刀にも関わらず藁を斬ってしまったらしい・・・>恐るべし。
※居合刀に固い物をぶつけると刀身を激しく傷めるので、修理工作できない方は絶対、真似してはいけません。

コメント

非公開コメント

五島 鎧影

「義より上に道はあるなり。これを見付くる事 容易に成りがたし。」
(葉隠 聞書第一)