FC2ブログ

熊さん武路愚 ■戒■

熊さんと鋼鉄古楽をこよなく愛する 元ゲーマー。 ときに、一剣士のよもやま話です。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

株式相場格言

作成者云々・・・

五島 鎧影

Author:五島 鎧影
「義より上に道はあるなり。これを見付くる事 容易に成りがたし。」
(葉隠 聞書第一)

本日の株価

つよさゲッター

五島 鎧影
壊社員
せいべつ中性
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX

肘破壊!

ついにやったか(ノД`)という感じですが、前々回の居合稽古で右肘を故障したみたいです。

その日は、ウイルス騒動で多くの道場が閉鎖した中、地元の居合道場は、小人数で参加可能な貴重な稽古場であったことから、つい気合が入りすぎ、延々と一時間半ほど抜きまくっていました。

使っていたのは、刀身1000g超少々の兼元。
諸手素振りでは、ちょうど良い重さゆえ、調子に乗って片手抜きを休みなく何十回も繰り返した結果、稽古後、気がつくと雑巾絞るだけでも辛い痛みが走るようになっていました;

「形では、少し軽いと感じるくらいの刀を使うように…」

以前から、先生に言われてきた教訓を、まさに身をもって理解した次第です。

その後、1週間は刀を持たずにトレーニングしていましたが、昨日の杖道自主稽古でまた悪化させたらしく、今や木刀でさえ、片手抜き打ちの刀身を支えきれない状態です;

左手が元手となる諸手素振り、打ち込みには支障ないものの、左右対称に使い分ける杖においては、右手が元手となる逆手打や体外打などに、影響が出てしまい、肘の痛みで手の内がきかず、これまで以上に太刀を飛ばすことができませんでした。

こうなった以上、安静にできればよいのですが、性格上無理そうなので『居合道 虎の巻』にて、あこがれの森島一機先生が紹介していた、刀を抜けない場所における「手刀での刃筋稽古」を活用したいと思っています。

⇩全日本剣道演武大会(武徳殿)
森島一機 先生
森島一機先生
実のところ『居合道 虎の巻』で、森島先生の「浮雲」を見てから、夢想神伝流を習いたいと思うようになりました…。

かくなる上は、右手がだめなら左手抜きで左右対称に全ての形を抜けば、居合と杖両方の身体運用が稽古できる!
……はず(^_^;)>私の先生も一人だけ
諸事情から左手抜きなので全く問題なし。

…ということで、右肘が回復するまでも、いろいろ考えて稽古は続けていきたいのでした!

今回の格言。
「稽古とは、想像である。」

とりあえず、私の腰と左肩の痛みを気にならない程にメンテしてくれた仙骨整体の先生に、右肘の治療をお願いしなければ…。
先生の腕前と仙骨療法の威力を再確認するには、いい機会です。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |